経営・株・FXなどお金に関する知識と教養を身に付けるためのブログ

takefive

グルメ

【京都勝牛 秋葉原店】牛カツを食べてきました。

投稿日:2016年9月18日 更新日:

katuusi1

秋葉原をふらっと歩いていたら牛カツのお店を見つけたので、早速入ってみました。

秋葉原で牛カツといえば「壱弐参」の方が有名ですが、「勝牛」は行列も出来ていなかったので今回はこちらへ。

牛カツ初体験です。

レポート

秋葉原電気街口を出て、高架下の信号を渡り真っ直ぐ進み、ケンタッキーのある十字路を右折。

そうするとメイドがビラを配り捲くってる、メイド通りがあります。

そこを進み、ケバブ屋さんのある路地にふと視線を向けると、なにやら派手な雰囲気のお店が。それが「京都 勝牛」です。

店の前には、メニュー看板が並べられており、英語表記が目立つため外国人向けも積極的なのでしょう。

店内は提灯やら屋台のようなカウンターがど真ん中にあり、大音量のBGM。

 

注文したのはオーソドックスな「牛ロースカツ膳」

とろろ付きのメニューもありました。

表面だけカリッと揚げるのが牛カツで、揚げる時間は60秒ほどらしいです。そのため、5分も待たずに来ました。

katuusi2

加工せずに、この赤みの状態です。

食べ方は、わさび醤油、ソース、カレーつけ汁の3つ。

まず、わさび醤油・・・これは無難に合います。

次に、ソース・・・これもお馴染みのカツらしく美味しいです。

最後は、カレーつけ汁・・・正直、肉の味が打ち消されてしまいます。

食べた感じは見た目ほど生には思いませんが、食感はグニっとした生の感じがあります。

 

僕はある程度火を通した方が美味しく感じるのですが、みなさんはどうなのでしょう?

ちょっと調べた限りでは、肉のうまみ成分は焼くよりも生の方が数値的には高いらしいです。

しかし、このうまみ成分のほとんどが肉汁にあるため、生だとうまみが感じにくいといった問題があるようです。

なるほど。

ということは、美味しい牛カツは絶妙な火の通し具合が必要なのですね。

評価

 ★★☆☆☆ 2.5点

口に合わなかったという意味で2.5点。

接客・店内 ★★☆☆☆ 2.5点

接客態度は問題ない。店内配置や合ってないBGMなど、カウンター席は特に落ち着いて食べる雰囲気ではない。

値段 ★★★☆☆ 3点

牛ロースカツ膳 1,382円

美味しいトンカツはもっと高いのでこんなものかな。

総合評価

ああいう食感が好きで牛カツが人気なのも知っています。

しかし、僕としてはやはり肉は火を通した方が美味いと思うので、今回は低評価にさせてもらいました。

 




-グルメ

Copyright© takefive , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.