経営・株・FXなどお金に関する知識と教養を身に付けるためのブログ

takefive

書評・読書記録

渋沢栄一「論語」の読み方

2019/8/21  

2024年度前半をめどに刷新される新1万円札の肖像画に選ばれた渋沢栄一。 「日本の資本主義の父」と呼ばれ経済関連のイメージが大変強い渋沢栄一ですが、実は論語に対し、深い見識を持っていたとされています。 ...

【ネタバレ】「金閣寺」を読みました【三島由紀夫】

2019/5/17  

By: Kentaro Ohno 「金閣寺」は三島由紀夫の長編小説で、代表的な作品であると同時に三島由紀夫が日本文学の代表的作家の地位を築いた作品とも言われています。 私としても今まで読んだ本の中でと ...

「猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言」を読みました。

2018/7/15  

ちらほら書評などが出始めて、なかなか面白そうだったので購入。 「週刊SPA!のコラムか・・・」と軽い気持ちで読み始めましたが、その内容はかなり濃いものでした。 猫組長とは 著者紹介より 神戸生まれ。元 ...

【ネタバレ】「私を離さないで」を読みました【カズオ・イシグロ】

2018/7/1  

昨年、ついに村上春樹がノーベル文学賞を受賞か!?と思わせて、受賞したのは日本生まれのカズオ・イシグロ氏。 今年こそ村上春樹か!?となるところですが、今年はなんと選考委員の不祥事でノーベル文学賞が見送り ...

【ネタバレ】「海辺のカフカ」を読みました【村上春樹】

2018/1/12  

村上春樹作品もついに6作目。ここまで来たら長編を全作品読んでしまいたい気持ちにも駆られるのですが、いったんひと休みして、次は別の小説家を読んでいきたいと思っています。

【ネタバレ】「1Q84」を読みました【村上春樹】

2017/7/17  

村上春樹5作目。村上春樹研究をしているわけではないのですが、気になる作家を読んでいこうという趣旨で大量購入してしまい、それを読み切るのに一苦労している状態です。 とはいえ、話題作からは何かしら得るもの ...

「生涯投資家」を読みました【村上世彰】

2017/7/13  

2004年~2005年にかけて、ライブドアの堀江貴文氏と大きな問題を起こした村上世彰氏、村上ファンド。「もの言う株主」「乗っ取り屋」など言われた彼は一体何をしようとしていたのか。 本人が明かす株主のあ ...

「陰摩羅鬼の瑕」を読みました【京極夏彦】

2017/7/4  

定期的にミステリを読みたい熱にかかり、「1Q84」の書評も後回しに京極夏彦の「陰摩羅鬼の瑕」を読みました。 京極夏彦といえば、通称「レンガ本」と言われる分厚い本が特徴です。今回もその名に違わず1,22 ...

小説家という職業【森博嗣】

2017/6/18  

森博嗣といえば、ミステリ好きなら誰もが知っているような有名作家ですね。 小説家自らが小説家とは何ぞや、出版業界の今後にまで触れた注目の一冊です。

ひらめき教室「弱者」のための仕事論【松井優征・佐藤オオキ】

2017/6/18  

「暗殺教室」という異色の舞台設定で、日本の少年漫画で絶大な人気を獲得した松井優征と、世界的に注目されているデザイナー佐藤オオキ。 この2人がNHKのEテレ「SWITCHインタビュー達人達」という番組で ...

Copyright© takefive , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.